・バンクイックのカードローンをデンタルローンで使う方は非常に多いです。
・銀行カードローンならではの安心感
・金利4.6%−14.6%
・最大融資額500万円
・バンクイックは三菱UFJ銀行ユーザーに人気。

 

 

バンクイック在籍確認 職場に電話あり?在籍確認のタイミング 連絡なしでお金借りる

 

三菱USJ銀行のバンクイックは数あるキャッシングの中でも比較的金利が安いだけではなく、パートやアルバイトの方でも申し込みを受け付けていることから人気となり業績を伸ばし続けているサービスです。

 

そんな中で申し込み時に多くの方が気になるのが職場などに電話がある在籍確認で、職場の方に手間をかけてしまうのが申し訳ないと思ったり、キャッシングに申し込んだのを知られるのが困ってしまうケースもあります。

 

バンクイックをはじめとする銀行が運営しているキャッシングサービスでは、ほぼ在籍確認があると考えて差し支えありませんが、一部には後述する在籍確認が無かったと言う例もありました。

 

まずはWEB申し込みをして一般的な在籍確認が来る場合の流れを見ていくと、申し込みを済ませると仮審査が実施され申し込み内容やアップロードした身分証明書の写真の確認が行われます。

 

ここで記入した内容に誤りがあったり、身分証明書の写真が見づらいなどの不具合が生じた場合には登録した本人宛の電話番号に電話があり、申し込み内容の確認や身分証明書の再提出が依頼される場合があります。

 

また、これまでキャッシングやローンなどを一切利用したことが無く初めて申し込んだ場合は、過去の運用実績が一切無いため電話で申し込み意思や、もしも利用できるようになってからの返済の意思などを確認される場合があります。

 

仮審査に合格したら多くのケースでこの段階で勤務先へ在籍確認の電話があります。

 

在籍確認と言っても過剰に構える必要は無く、金融機関名を一切出さずに個人名で電話がかけられ申し込み者の名前を出してその勤務先に所属している旨の確認が行われます。

 

その先の対応は勤務先によって異なり、勤務時間中であれば内線を繋いだり、営業で出払っている場合には現在外出中であることが伝えられるなどさまざまです。

 

ここまで分かれば間違いなく本人がその勤務先に在籍していることが確認でき、在籍確認が完了します。

 

社内でも多くの電話を受けてきた専任のスタッフであれば、これまで幾度と無く在籍確認の電話を受けてきていることから、昨今重要視されているプライバシーへの配慮も含めて社員がバンクイックに申し込んだことについて、いちいち詮索することも無いケースがほとんどです。

 

しかし、スタッフとの関係が近く毎日顔を合わせるような中小零細企業のオフィスでは、何でも話せるほど近い関係であればキャッシングに申し込んだために在籍確認の電話が来るかもしれないと一言挨拶をしておけば問題が無いケースはごく稀です。

 

極めて個人的な用事のためにスタッフの手を煩わせることに恐縮したり、キャッシングを申し込んだことが瞬く間に社内で噂になるようなケースを恐れて申し込みを躊躇してしまうケースもあります。

 

そんな中でバンクイックでは、一部に在籍確認を回避して申し込みが行えたと話す利用者も存在し話題になっています。

 

WEB申し込みを行い、在籍確認が行われないままで仮審査に合格した旨が本人宛の電話連絡が来たというものですが、原則として審査基準や運用方法は非公開となっているため、どんな理由で在籍確認が行われなかったのかは残念ながら判明していません。

 

多くの金融機関はスコアリングシステムで審査が実施され、一定以上のスコアになれば合格したり高い信用があると判断されます。

 

スコアが獲得できる要因となるのが申し込み無いように不備が無いのはもちろんのこと、安定した収入が見込める仕事に就いていることや過去の運用実績、身分証明書の種別にあります。

 

職業で最も評価が高いのが公務員や大企業の役員などがあり、安定した収入があるのに加えてしっかり返済ができると見なされます。

 

身分証明書では、例えば運転免許証を提出した場合には自動車を所持し維持できる収入があると見なされたり、パスポートを提出した場合には海外旅行を楽しめるほどの収入があったり、海外出張をするような高収入のお仕事であると見なされることがあります。

 

また、過去の運用実績も重要で、系列のクレジットカードやローンを利用してしっかりと返済していた実績がある場合は、今回の申し込みに応じても必ず返済してくれる人物であると判断されます。

 

バンクイックではこれらの審査基準は非公開ですが、一般論として同じような基準で審査が行われており、在籍確認の有無を判断しているものと思われます。

 

最もこれらはあくまでもケースバイケースであり、同じ条件の人物が申し込んだからと言って同じように在籍確認が行われないとは限りません。

 

特に昨今は各銀行の安心安全のための自主規制を実施しており、本来ならば法律で総量規制の対象外であっても自主的に総量規制相当の規制を設けたり、在籍確認をしっかり行う傾向にあります。

 

一見するとこれらは窮屈なものに感じてしまいがちですが、健全な運営を目指して法令を遵守やコンプライアンスを徹底し、利用者を保護しようとする姿勢がある金融機関であれば、むしろ安心して利用することができます。